2019年
03月12日

食品学研究室(吉金ゼミ)の紹介②

吉金ゼミでは、食品の特性や機能性に関する研究の他、

地域や企業と連携して商品の企画・開発を行っています。

このブログでは、商品企画・開発の取り組みを、

ゼミメンバーの一宮さん、高渕さん、平岡さんに紹介してもらいます。

 

みなさんこんにちは!

私たちは吉金ゼミで「商品企画・開発」をテーマに研究を行っています。

今まで行った2つのことを紹介したいと思います。

 

まず1つ目は商品企画の練習として、

「桃太郎さんの地産地消どんぶり王選手権」に参加しました。

http://www.city.okayama.jp/keizai/nourin/nourin_t00058.html

ホワイトボードに思いついた食材を書くところからはじめ、

方向性を決め、試作、企画書作成を行いました。

 

①2度美味しい

②岡山らしい秋の食材を使用(下津井たこ・千両なす・そうめん南瓜)

③栄養バランス(食物繊維たっぷり)

この3点をこだわり、

「あんかけてみねぇ〜!かき揚げ丼」 が出来上がりました!

 

書類審査を通過し、調理・試食会に参加しました。

残念ながら大賞は逃しましたが、「入賞」をいただきました。

反省会をしっかり行うことで自分たちのどんぶりの

「強み・弱み」、「改善点」、「他の参加者の方との比較」ができました。

 

2つ目は、「アグリフードEXPO大阪2019」に参加してきました。

https://www.agri-foodexpo.com/

このEXPOでは、日本全国からさまざまな企業が出展し、

商品の展示や商談が行われていました。

 

試食させて頂いたり、出展されている方とお話をすることで、

「商品へのこだわり」、「郷土愛」、「生産方法」、

「他の商品とどのように差別化を図ったか」、「強みをいかす重要性」など、

たくさんのことを学ぶことができました。

 

今後は、企業と提携し、商品開発を進めていく予定です。

この2つの経験を存分に生かして自信を持って、

オススメできる商品を企画・開発したいと思います!