ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

学部・大学院

  1. HOME>
  2. 学部・大学院>
  3. 食品栄養学科>
  4. ピックアップ

食品栄養学科 ピックアップ

CLOSE-UP STUDY

逸見眞理子ゼミ(逸見眞理子准教授)

健康づくりをテーマに「食環境整備や「食育推進体制」について研究しています。

近年、「食」を取り巻く問題が深刻化しています。不規則な食事、肥満や生活習慣病、過度の痩身志向などです。これらは個人の問題としてだけでなく、そのような環境をつくる社会全体の問題として捉える必要があります。現在、4つのグループに分かれ、「外食栄養成分表示の方法論の検討」「地域特性に応じた食育のあり方」「保育所における食育推進体制」「住民の食知識と食行動」をテーマに取り組んでいます。各研究とも地域の健康づくりという共通のテーマのもと、住民視線で食育の方法論、連携のあり方などを分析、検討します。保健所、公民館、保育園や飲食店などに出向き、いろいろな方々に出会い、学内では得られない体験ができます。


臨床栄養学実習Ⅲ(白神俊幸准教授)

個人差を考慮した臨床栄養教育や栄養・食事療法の重要性を理解します。

本実習では、臨床分野に携わる管理栄養士に必要とされる「個々の患者さん」をターゲットにした個別臨床栄養教育の手法と実践能力を養います。また、患者さんの病態を的確に把握し、栄養状態の評価を行い、個人に適した栄養・食事療法を実践するために必要な「個別対応栄養管理・テーラーメイド栄養管理」の考え方を実験を通じて身につけます。


応用栄養学実習(小川眞紀子講師)

栄養アセスメントに碁づいた栄養ケアの計画、実施、評価を通して栄養管理の実際を学びます。

応用栄養学実習では、対象に応じた栄養管理に必要な知識とスキルの習得を目標としています。発育、加齢を考慮し、各年齢層の身体状況や栄養状態について、食事摂取基準に照らし合わせた栄養アセスメントの方法と、それを反映させた栄養ケアプランの作成を行います。実際にライフステージ別栄養アセスメントを実施して、栄養ケアプランの作成、食事計画の立案、献立作成、調理実習、評価といった一連のマネジメントサイクルの中で、栄養管理の具体的な方法を体験しながら理解を深めていきます。