2018年12月、映画『メアリーの総て』(原題:Mary Shelley, 2017)が日本でも公開されました。18歳という若さで小説『フランケンシュタイン』を書いたイギリスの作家メアリー・シェリー(1797-1851)の半生を描く映画です。16歳で出会って駆け落ちした著名な詩人パーシー・シェリーとの関係、そして彼女が「怪物」の物語を生むに至った経緯に重点が置かれていて、見応えのある内容でした。

映画では、『フランケンシュタイン』を出版社に持ち込んだメアリーが、「若い女性が書くにしては奇妙なテーマ」だと言われ、夫が書いたのではないかと仄めかされ、「これは私の物語」だと怒りをあらわにする場面があります。ヴィクター・フランケンシュタインが死体の部位を寄せ集めて「人間」を造り、醜悪なその「怪物」が博士の大切な人たちを次々に殺していくというこの物語は、当時の社会規範に照らせば間違いなく「女性らしくない」ものであったはずです。この作品は当初、匿名で出版されました。

 

『フランケンシュタイン』は怪奇小説ですが、その怪奇性と同じくらい、あるいはそれ以上に印象的なのは、怪物の苦悩と孤独です。「親」であるヴィクターに、この世に生を受けた直後に置き去りにされた彼は、その並外れた体格と不気味な容貌ゆえに差別され、友人もできず、一人で生きるしかありませんでした。彼はひそかに言葉を覚え、拾った鞄の中にあった本を読み、その内容について考えをめぐらせることで、腕力とは違う強さを身につけていきます。そして、ヴィクターと再会した際には、激高する「親」とは対照的に、理路整然と自身の主張を展開してみせるのです。

 

メアリー・シェリーもまた、言葉によって強さを手にした人でした。自分の出産によって命を落とした母の墓で、少女時代のメアリーが読書をしていたのは有名なエピソードです(映画の冒頭もこのシーンでした)。シェリーと駆け落ちした後も、彼女は多くの苦悩や喪失を経験しますが、書くことは止めませんでした。孤独の中で言葉を覚え、自身の考えを訴え、理解者を求める怪物は、おそらく作者自身でもあります。さらに言えば、怪物は「女性らしさ」を押し付けられる時代にあって、言葉という武器を手に道を模索したすべての女性作家たちの姿とも重なるのかもしれません。

 

次年度の3年生の演習(ゼミ)では、この『フランケンシュタイン』をじっくり読み、いろいろな視点から考察する予定です。メアリー・シェリーとほぼ同年代の女子学生たちは、この作品をどのように読むでしょうか。彼女たちとのディスカッションを、今から楽しみにしています。

From December 7th to 9th 2018, ten English Department students took part in the Tsukuba English Model United Nations (TEMUN) at Tsukuba University. At TEMUN, the students had to represent countries such as Libya, Myanmar, Romania, Laos and so on and discuss six topic areas relating to their countries such as sustainable development, natural resources, education, health, infrastructure development and peace in relation to conflicts. The ten students were joined by students from about 30 different countries and from all continents. Through this experience they could not only make many new friends, but also become aware of different accents and ways of expressing English as well as understand global perspectives on important issues.

All of the students said the experience was extremely powerful for them as it had opened their eyes to the world much more than a normal class would do. They admitted the work was heavy and that they had trouble communicating from time to time, but this has motivated all of them to study harder. As a result of this, several of the students said that not only do they wish to take more preparation courses as well as attend more Model United Nations events in the future. One student will be taking part in a Model United Nations in New York in the actual United Nations Hall this March. Several students have expressed their desire to work internationally after graduation at the UN in Geneva or to work abroad in various countries.

The English Department will take students to the Japanese University English Model United Nations (JUEMUN) in Kobe and later in the year to Erfart in Germany to the NMUN event. Because of the overwhelmingly positive response to this event, the English Department will increase the number of Model United Nations classes from 2019 and we hope to open the class to all students at NDSU in the near future so all students will have a chance to have these experiences.

2018年
11月15日

私の夢│坂口真理教授

私の夢


坂口 真理


 先月10月24日(水)に、英語英米文学研究会(大学院)の総会で会計報告と予算計画の発表後、海外の大学院についての話があり、Waring教授がイギリスの大学院について、木津教授がアメリカ(UC Santa Cruz)とカナダ(McGill大学)の大学院について、私がアメリカ(UCLA)の大学院について、話した。
 ねらいは、学生たちに不思議に思ったこと、疑問に思ったことを大切にし、とことん知的探求をしてもらうことのきっかけを与えることだ。学生たちに自分の頭で考える楽しさ、わくわくするような面白さを味わってほしいと思ったのだ。英語英文学科の学生たちは、海外での異文化体験に関心があり、大部分の人が留学したり、海外で生活したりしたいと思っている。それを学問の追究と結びつけたのだ。
 この企画は好評だったので、3人の教員以外にも大学院担当の教員は、大勢いるので順次話を聞けたらよいなと私は思う。初回は、たまたま言語学分野で研究する教員ばかりだったので、次回は、文学分野のRamsey教授や広瀬教授のお話などを聞くことができればと思う。知的探求は海外の大学院だけではなく、日本の大学院でもできるので日本の大学院を出られた先生方のお話もぜひ聞きたいと思う。また、大学院生や修了生を招いて、学部生の前で話してもらうのもよいと思う。

 現在就職が好調なため、大学院に学びに来る学生は少ない。しかし、いずれ大学院の学びが必要になる時代が必ずやってくると私は信じている。現代社会でロボット、人工知能(Artificial Intelligence) の進化とともに、ロボットやAIに仕事を奪われると心配する人々がいる。ロボットやAIに負けないように、今こそLiberal Arts(教養)の力が必要となってくるだろう。自分の頭で考える国際的教養を持つ人材を育成するために、大学院の需要は高まってくるだろう。ロボットやAIの欠けている部分を補い、考える人材を養成するために。

 他にできることとして、英米文学科のacademicな雰囲気を盛り上げるために、お互いの専門分野の話、今関心を持っている研究などを堅苦しくない調子で、tea partyで話すのはどうであろう。自分の専門分野以外の人に自分の専門のことを話すというのは、かなりの知的訓練がいるものだし、それが逆に研究の刺激になったりする。

 そして、学部の学生たちが大学院に進学することを選んだら、進学して知的探求ができるように、学部生の英語や知識の水準を高めることも大きな目標となる。学部で学んだことが有機的に大学院の学びと結びつき、多くの学部生が大学院に進学する、そういう日が来ることを私は夢みている。

Congratulations to Maya Fujii, a second year student in the English Deaprtment. Last Sunday she represented NDSU in the 45th ELAS Notre Dame Trophy Speech Contest with her speech "Shall We Return to the Past?" The other nine students came from The University of Tokyo, St Paul's University, Ryukoku University, Aoyama Gakuin University, Doshisya University and Sophia University, and Maya won!!!!  We are all very proud of her.

 2018年8月17日にロサンゼルスに到着して2日目の夜は、翌日の講演の緊張なのか、単なる時差ボケかわからないがほとんど眠れなかった。4度目のロサンゼルス講演であるにもかかわらず、かなり緊張していた。今回の私の演題は、「エリ・ヴィーゼル(Elie Wiesel、1928~2016)の初期と後期の作品に見られる世界観の変貌」である。ヴィーゼルは、ノーベル賞作家として、アメリカはもとより世界中でよく知られているユダヤ系アメリカ人で、少年時代にホロコーストを経験したホロコースト生存者である。アウシュヴィッツ収容所やブーヘンヴァルト収容所に家族と共に送られたが、母と妹はアウシュヴィッツ収容所へ送られた後、すぐに惨殺された。父親もブーヘンヴァルト収容所で、ドイツ兵士らの暴力に晒され亡くなっていく。この辺のところは処女小説『夜』(イディッシュ語原作『そして世界は沈黙を守った』、1956)に詳述されている。平和活動に尽力したヴィーゼルは、残念なことに2016年7月2日に87歳で死去した。2000年にロンドンで開催された世界ホロコースト会議でお話した時の彼の哀愁に満ちた表情が、今でも私の脳裏に焼き付いている。

 ヴィーゼルは1986年にノーベル平和賞を受賞するが、初期の作品に見られたドイツ国家や、ドイツ人への憎しみは既に後期の作品からは消えている。そのようなことは、聴衆として私の講演に来てくれるような知的階層のユダヤ人であれば誰もがよく知っている事実である。ただ、イディッシュ語で書かれた処女作『そして世界は沈黙を守った』を原文(半世紀前に既に絶版)で読んでいる方はおそらく皆無であろうと思う。


(エリ・ヴィーゼル著 イディッシュ語原作『そして世界は沈黙を守った』, 1956 出版)

 
 私のテーマがヴィーゼルのホロコースト観に深く関係しており、非常にデリケートな部分があるので、地元のユダヤ社会の人々に誤解を与えるようなことがあってはいけないという心配もプレッシャーとなっていたのかもしれない。
 やや緊張した面持ちの私の講演に約50名の地元の教授、弁護士、医師といった(専門職の)人々や学生が集まり、予定通り4時から1時間ほど講演し50分近くの質疑応答をした。今回の質疑応答で重要と思われる質問を、反省も兼ねて解説してみたい。


(サンタモニカ・シナゴーグ講演会場,2018年8月19日)

 最初に、専門的な質問がきた。「エリ・ヴィーゼルの『夜』を英訳でしか読んでいませんでしたので、先生の英訳で初めてオリジナルのイディッシュ語では、直截に彼の感情が表明されているのを知りました。ありがとうございます。では、一体ヴィーゼルは何故オリジナルを英訳の際に大きく変えたのでしょうか?」という本質的な質問だ。この疑問には、ヴィーゼル自身が「当時は無名の作家であったし、英語があまり出来なかったので、訳者に全て任せた結果である」と、彼の妻が出版した新訳『夜』(2006)の「まえがき」に記していることを説明した。最初の仏訳(1958)、英訳(1960)で知名度の低いヴィーゼルは編集者らの提言を受け入れざるを得なかったのではないか、と答えた。
 次は、私の講演会で必ず出る質問の一つであった。「先生がイディッシュ語を始めた理由は何ですか?」。いつもの様に、イディッシュ語作家アイザック・シンガー(1902-1991)が著した『ショーシャ』(英訳Shosha、1978)との偶然の出会いのことを話した。40年前に当時大学院生だった私は、シンガーの文学に魅了され、彼の作品を原著で読むことを夢見てイディッシュ語を学んだのだ。また、ヴィーゼルは、最後までドイツを嫌っていたのではないかという意見もフロアーからあった。その通りかもしれない。
 最後の質問が「広島・長崎の原爆とホロコーストの類似性はありますか?」であった。これは危険な質問である。私は、「全く状況が異なるので答えられない」と逃げた。表面的な比較をして、ユダヤ団体から「ホロコーストの歴史的な意味を曲解している日本人」とお叱りを受けていたかもしれない。
 アメリカでの講演で、「あなたにはユダヤ人の心(ネショーメ)があるわね」と誉めていただいたことがある。ヘブライ語の「ネショーメ」(neshome/neshoma)とは「魂」「心」の意味で、他の言葉では置き換えられない。日本語で言えば「私たちユダヤ文化・言語そして歴史を本当によく理解してくれてありがとう」というくらいのニュアンスになるだろう。
 言葉というものは不思議なもので、一瞬にして世界さえ創造してしまう。蜃気楼のように儚い世界の中で人は泣いたり、笑ったり、幸せを感じたり、憤ったり、不幸になったりする。単なる日常的コミュニケーションのための記号ではなく、言語そのものに〈言霊(ことだま)〉がそなわっているという日本の古代信仰と似た考えが、洋の東西を問わず遍在しているようだ。
 20数年間アメリカやカナダで講演活動をしていて、今回の様にドキドキの緊張感を味わうこともあるが、これもまた多言語世界である移民国家アメリカやカナダでしか味わえない講演の醍醐味であろう。これからも言葉の意味を大切にして、多民族社会で心地よい緊張感を楽しめるような自分でありたい。