ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. 著書・刊行物>
  4. 教員著書等>
  5. 『「ロマ書」の人間学 ノモスにとらわれな...

著書・刊行物

教員著書等

『「ロマ書」の人間学 ノモスにとらわれない生き方』

『「ロマ書」の人間学 ノモスにとらわれない生き方』

学科・機関
人間生活学部 人間生活学科
教員名
名誉教授 葛生栄二郎
著者情報
葛生栄二郎 著
出版社
キリスト新聞社
発行日
2018年12月15日
サイズ・頁数
A5版 518頁
金額
2,700円+税
内容紹介

本書はキリスト教信仰の本質を究める上で決定的な意味をもつパウロの「ローマ人への手紙(ロマ書)」を、「死への跳躍」を前にした一人のキリスト者の視点から読み解く「信解書」である。「法に従う倫理」から「愛に従う倫理」へ、人間が神の恵みによって根本から劇的に造り変えられていく様を描く「人間改造の書」としての「ロマ書」と向き合いながら、著者は法哲学者・倫理学者として自らの追究してきた世界観を、信仰にもとづいた生き方へと収斂させることを試みている。
なお、著者は本書を書き上げたのち、2018年7月23日に逝去された。


目次

序章  エジプトを出るということ ―聖書の観想学―
第1章 信から信へ ―召される人間(1章1節~17節まで)―
    境界人パウロ/ダマスコの回心/パウロの宣教旅行
    〈パウロ〉のレシピ/『ロマ書』の中心テーゼ
第2章 罪から義へ ―義化される人間(1章18節~5章11節まで)―
    絶対他力な生き方/パウロの罪論(1)/パウロの罰論
    書かれざる律法と見えざる割礼/パウロの罪論(2)/信と贖罪
第3章 死から生へ ―聖化される人間(5章12節~8章39節まで)―
    空虚な墓の謎/復活のイエスと出会う/肉から霊へ
    世界をリセットする/神の国とはどんな世界か
第4章 法から愛へ ―徳化される人間(9章1節~15章33節まで)―
    神の選び/〈信〉の能動性/上に立つ権威に従え/正義と「ゆるし」