ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. 著書・刊行物>
  4. 教員著書等>
  5. 『ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を...

著書・刊行物

教員著書等

『ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案』(共著)

『ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案』(共著)

学科・機関
人間生活学部 児童学科
教員名
准教授 湯澤 美紀
著者情報
湯澤 美紀、湯澤 正通、山下 桂世子、藤堂 栄子
出版社
北大路書房
発行日
2017年8月 7日
サイズ・頁数
164頁
金額
2,200円+税
内容紹介

なぜ私たち日本人は英語が聞き取りにくいのだと思いますか?
実は、私たちの耳は、すでに幼児期に日本語にチューニングされているため、日本語とは異なるリズム構造をもつ英語の知覚に苦手さを抱えているのです。本書では、前半にそうした理論を解説します。後半では、多感覚を用いたシンセティックフォニックスとして、ジョリーフォニックスに焦点化し、その学習の原理と実践事例、そして、学びにくさのある子どものための支援教材を紹介していきます。


◆主な目次

●Part 1 理論編
Chapter 1 日本の子どもの母語の習得と英語の聞き取り 
1.はじめに
2.言語のリズム
3.母語の習得のはじまり
4.母語習得の鍵は応答性
5.日本語の音のリズムへの気づき
6.日本語耳では,英語の音声が聞き取りにくい?
7.日本語耳で英語を聞き取るのは難しい
8.頭の中で起きている処理オーバー

Chapter 2 日本人が、英語を聞き取れないわけは?
1.はじめに
2.日本人は英語を細かく切っている
3.日本人は英語の発音が苦手なわけではない
4.日本語耳のメカニズム
5.英語の隠れディスレクシア
6.すべての子どもに英語学習の機会を

Chapter 3 日本語耳を生かした英語の学習
1.はじめに
2.苦手を得意に変えられる
3.英語の聞き取りにくさを克服するには?
4.ワーキングメモリをフルに活かそう!
5.本書で提案するシンセティック・フォニックス

Chapter 4 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの学習の原理
1.はじめに
2.音声、文字、動作、絵
3.基本活動

●Part 2 実践編
Chapter 5 「言葉のプロジェクト:〝英語″の音の世界を探索する」―概要と成果―
1.はじめに
2.音声体験・基礎活動の効果(事後テストI・事後テストII)
3.発展活動の効果(事後テストIII)

Chapter 6 「言葉のプロジェクト:〝英語″の音の世界を探索する」―実践内容―
1.はじめに
2.音声体験活動
3.基礎活動
4.発展活動I
5.発展活動II

Chapter 7 学びにくさのある子どもたちのための英語の活動―ユニバーサルデザインと一人ひとりの成長―
1.はじめに
2.アセスメントでの子どもたちの姿
3.見えてきた子どもの学び方
4.基礎活動・発展活動の概要
5.基礎活動時の環境構成

Chapter 8 入門期における支援ツール
1.はじめに
2.ジョリーラーニング社製教材
3.自作教材