ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. 著書・刊行物>
  4. 教員著書等>
  5. 『社会的養護の理念と実践 第2版』(共著...

著書・刊行物

教員著書等

『社会的養護の理念と実践 第2版』(共著)

『社会的養護の理念と実践 第2版』(共著)

学科・機関
人間生活学部 児童学科
教員名
准教授 東俊一
著者情報
中野菜穂子、東俊一、大迫秀樹 編
出版社
株式会社みらい
発行日
2017年4月25日
サイズ・頁数
B5判・縦長 215頁
金額
2,000円+税
内容紹介

本書は、大きな社会問題である児童の養護問題に対し、児童の権利保障、健全育成に影響を与える社会の問題とその背景、彼らの権利擁護としての里親制度や施設における養護のあり方と実践までが包括的に網羅されている。また、障害者虐待防止法の制定をはじめ、障害児・者を取り巻く社会情勢は大きく変化している。よって本書では、障害児・者の権利擁護や自立支援に関するあり方と実践についても包括的に紹介し、一生涯を通した彼らへの支援についても考察している。


第1部

社会的養護の基本的視点―子どもの権利保障と養護の問題

第1章 子ども・家庭を取り巻く生活環境と社会的養護の視点

第2章 社会的養護のあゆみ

第3章 子どもの権利と養育

第4章 社会的養護の理念と基本原則

第5章 社会的養護の法制度

第6章 社会的養護の実施体系

第7章 社会的養護を担う人材

第8章 社会的養護の展開

第9章 社会的養護の課題

第2部

社会的養護の実際

第1章 社会的養護と自立支援計画

第2章 自立支援計画と保護を要する子どもの養護の実際

第3章 個別支援計画と障害のある子どもの養護の実際

第4章 施設・専門機関の支援ネットワークの実際