ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

入試・入学案内

  1. HOME>
  2. 入試・入学案内>
  3. 一般選抜 博士課程・博士後期課程

一般選抜 博士課程・博士後期課程

趣旨

大学院を修了した方で、さらに研究を深めたい方を対象に、研究者と高度専門職業人を目指すことのできる、大学院博士後期課程を設けています。2つの専攻科で選抜をおこなっています。

募集人員

研究科 専攻 課程 募集人数
秋季 春季
文学研究科 日本語日本文学専攻 博士後期課程 2 若干名
人間生活学研究科 人間複合科学専攻 博士後期課程 3 若干名

出願資格

次の資格を備えた女子

  • (1)修士の学位若しくは専門職学位を有する者又は本大学院入学の前までに修士の学位若しくは専門職学位を授与される見込みの者
  • (2)外国において修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (3)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (4)我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位若しくは専門職学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (5)国際連合大学本部に関する国際連合と日本国との間の協定の実施に伴う特別措置法(昭和51年法律第72号)第1条第2項に規定する1972年12月11日の国際連合総会決議に基づき設立された国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者又は本大学院入学の前までに修士の学位に相当する学位を授与される見込みの者
  • (6)外国の学校、第4号の指定を受けた教育施設又は国際連合大学の教育課程を履修し、大学院設置基準第16条の2に規定する試験及び審査に相当するものに合格し、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者又は本大学院入学の前までに修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められる見込みの者
  • (7)文部科学大臣の指定した者(平成元年9月1日文部省告示第118号)
  • (8)本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で平成30年(2018年)4月1日において24歳に達したもの
  • (9)日本国政府国費外国人留学生として推薦を受けた者
    • 《注意》
    • 「一般選抜」出願資格の(7)及び(8)については、次のとおりです。
    • (7)文部科学大臣の指定した者(平成元年9月1日文部省告示第118号)
    • 1.大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本大学院において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
    • 2.外国において学校教育における16年の課程を修了した後、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本大学院において、当該研究の成果により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
    • (8)本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で24歳に達したもの
    • ☆次の基準のすべてを満たす者
    • 1.大学を卒業後、各種の教育・研究機関等において研究又は指導に従事した期間が2年以上あること
    • 2.著書、学術論文等において、修士論文と同等以上の価値があると認められる研究業績(学会誌に掲載された学術論文等)を有すること

前記出願資格の(7)(8)のいずれかによって出願しようとする者は、秋季試験は、平成29年(2017年)7月28日(金)、春季試験は、平成29年(2017年)12月26日(火)までに、出願資格認定のための審査を受けなければなりません。該当者は、入試広報部へお問い合わせください。

入学前の指導

博士後期課程志願者は、秋季試験は、平成29年(2017年)7月21日(金)、春季試験は、平成29年(2017年)12月26日(火)までに、面談により志望する専攻の専攻主任及び各研究分野・研究領域の担当教員の指導を受けなければなりません。
文学研究科日本語日本文学専攻志願者は、日本語日本文学専攻主任及び志望する研究分野の担当教員の指導を受けてください。
人間生活学研究科人間複合科学専攻志願者は、人間複合科学専攻主任及び志望する研究領域の担当教員の指導を受けてください。
なお、入学前の指導を受ける場合は、入試広報部宛に、E-mailでお問い合わせください。

入学検定料

30,000円

選考方法

  • (1)書類審査
  • (2)筆記試験(各専攻別)
  • (3)面接試問

出願期間

  • 〈秋季〉平成29年(2017年)8月21日(月)~8月30日(水)消印有効
  • 〈春季〉平成30年(2018年)2月1日(木)~2月13日(火)消印有効

[注]海外からの出願は、期間内必着とします。

試験日

  • 〈秋季〉平成29年(2017年)9月19日(火)
  • 〈春季〉平成30年(2018年)3月1日(木)

試験会場

ノートルダム清心女子大学

試験科目・時間

試験 専攻 課程 試験科目
時間
配点
筆記試験 日本語日本文学専攻 博士後期課程 外国語
9:00~10:00
100点
専門科目
10:40~12:10
200点
人間複合科学専攻 博士後期課程 外国語
9:00~10:00
100点
専門科目
10:40~12:10
200点
面接試問 13:00~

《注意》辞書持ち込み可の科目であっても、電子辞書の持ち込みは不可とします。

判定通知について

  • 〈秋季〉平成29年(2017年)9月22日(金)
  • 〈春季〉平成30年(2018年)3月5日(月)
  • 判定結果は、受験者本人宛に速達で郵送します。

入試要項

2018年度(平成30年度)入試の募集要項(PDF)を掲載しています。
入学試験の募集要項については、こちらをご覧ください。