ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. 情報公開

情報公開

ノートルダム清心女子大学に関する基本情報を公開しています。

教育研究上の目的

大学

本学は、キリスト教精神に基づいて真なるもの・善なるもの・美なるものを追究すること、リベラル・アーツ・カレッジとして教育・研究を通して真の自由人を育成すること、社会生活を遂行する手段の提供にとどまらず、生きることの意義を追究することを教育理念として掲げています。

文学部

本学のキリスト教精神に基づく教育理念を踏まえて、言語文化をはじめとする人間の文化的営為の研究を通して、人間について広くかつ深く洞察することを目指しています。当該学部の所属教員は、次代を担う学生に対して、人間の文化的営為の考察結果を伝達するとともに、その方法を教授し、次代の研究者の育成をはかります。また、それとともに、人間を考察する豊かな知性と感性を備え、社会を背負って立つ卒業生を送り出すことに努めます。当該学部に所属する学生に対しては、在籍期間を通して、人文科学的研究の成果を学びつつ、その目指すところ、方法を体得することが求めらえます。またそれを通して、人間を見つめる豊かな知性と感性の涵養が求められます。

英語英文学科
本学のキリスト教精神に基づく教育理念を踏まえて、英語運用能力の向上とともに、英米文学や英語学・言語学また関連分野の学問を学修・研究し、さらに一般教養も身につける。それによって、自他双方の人生を豊かにする学生個々人の全人的人格形成をはかり、それを通して国内外において社会に貢献できる有為な人材を育成する。
日本語日本文学科
「ことば」の様々な側面を、日本語を核とする日本文化全体の視野から見つめ直すことを目標とする。具体的には、日本語・日本文学や、書道・国語教育などの言語文化の研究を行なう。それらの研究を通して、問題意識を高め、資料を用いた論理的な方法を用いて課題探求をし、柔軟な思考力と判断力を養う。それによって、自らの内面と「ことば」を磨き、発信のできる人材の育成を目指す。
現代社会学科
現代社会の諸現象が生起する仕組みを分析する社会学と、人間社会がここに至った過程を研究する歴史学を方法的支柱として、多方面から社会を考察する力を養う。社会学的方法と歴史学的方法をあわせ学ぶことで人間社会の過去と現在にわたる幅広い視野を獲得すると同時に、履修コ-ス制によっていずれかの学問領域について深く研鑽することを求め、社会に関する広汎な学識と専門性を兼ね備えた人材の育成を目指す。

人間生活学部

「人間生活」に関する科学的考察と「人間らしい生活」の実現を目指す価値的考察との学際的統合を研究・教授します。高度の専門的知識を持ちつつも、なお広い視野と思考の柔軟性を失うことなく、知識の背後にある人格価値を知り、かつ他者の人格価値に共感できる感受性豊かな人材を育成します。

人間生活学科
本学の教育理念であるキリスト教精神に基づいたリベラル・ア-ツ・カレッジとしての位置づけを踏まえ、「人間中心の生活学」を総合的な視点から研究・教授し、社会の要請に応える人材を育成することを目的とする。そのため、本学科では、人間・福祉・生活・環境・文化といった広い分野の有機的連携のもとに、人間性に満ちた、幅広い教養を持つジェネラリストの養成を目指す。
児童学科
学科の英文名称、Department of Child Welfare の示すように、子どもたちの幸福(Welfare)に資するよう、心理、医学、福祉、教育、文化、芸術等の領域から多角的な視野で子どもを理解し、子どもの成長・発達を援助できる人材の育成を目的とする。あわせて、みずから考え、主体的・自発的に行動し、高いコミュニケ-ション能力を備えた人材の養成も目的である。このような専門性と豊かな人間性を備えたうえで、幼稚園、小学校、特別支援学校の教員免許及び保育士資格等の取得を通して、社会の要請に応え、地域に貢献する。
食品栄養学科
生活習慣病をはじめとする疾病の予防や治療、あるいは児童・生徒の栄養管理や栄養教育の推進に資する管理栄養士及び栄養教諭の養成を教育上の目的とする。食に関する高度な専門知識や技術はもとより、みずからの専門分野をさまざまな角度から見つめ、「人間の栄養学」を真に理解することのできる高い知性と教養、さらに豊かな人間性を備えた総合力のある管理栄養士や栄養教諭の育成を目指す。

大学院

宗教的情操を重んじ、各自が謙虚に己を恃し、愛の心をもって相互に人格の独自性を認め合い、そういう基盤の上に各自がそれぞれの可能性を伸ばすように指導し、広く豊かな教養を持つと同時に、専門的知識にもすぐれ、かつ、社会で通用する旺盛な職業意識を持つ人材を育成することを目指しています。

このページのトップへ

教育研究上の基本組織

学部

本学の学部構成は、文学部・人間生活学部の2学部と、文学部の配下に英語英文・日本語日本文・現代社会の3学科、人間生活学部の配下に人間生活・児童・食品栄養の3学科を有しています。

文学部紹介

人間生活学部紹介

学部教員構成は、教授42名、准教授37名、講師10名、助教1名、助手1名の合計91名で構成されています。 各学部・学科における構成の詳細については、下記のPDFをご覧ください。

大学院

本学の大学院は、文学研究科・人間生活学研究科の2研究科と、文学研究科の配下に日本語日本文学(博士前後期)・英語英米文学(修士)・社会文学(修士)の専攻科、人間生活学研究科の配下に人間発達学(修士)・食品栄養学(修士)・人間生活学(修士)・人間複合科学(博士後期)の専攻科を有しています。

大学院紹介

大学院の教員構成は、教授53名、准教授22名の合計75名で構成されています。
各研究科・専攻における構成の詳細については、下記のPDFをご覧ください。

事務組織

本学の事務組織の構成は、学長をトップに以下の図のように組織されています。

事務組織紹介

事務職員構成は、専任職員74名、臨時職員22名、合計96名で構成されています。
事務組織の詳細については、下記のPDFをご覧ください。

このページのトップへ

教員の数・学位・業績

本学の専任教員数や専任教員の取得学位については、こちらをご覧ください。

本学では、年1回教職員の研究活動をまとめた「学術往来」を発行しています。

各教員のくわしいプロフィール・教育研究活動については、こちらをご覧ください。

このページのトップへ

入学生・在学生の状況・卒業生・進路・教育条件と教育内容

入学生

くわしくは、こちらもご覧ください。

在学生の状況

本学の学部・大学院の在学生数、学生の状況については、こちらをご覧ください。

卒業生・進路

毎年90%以上の高い就職率を実現し、地元密着型の大学として、学生の約80%が県内企業に就職しています。また、教員等の公務員への就職も実績があります。卒業生の中には、さらに高度な知識修得ために大学院へ進学する者もいます。

くわしくは、こちらもご覧ください。

教育条件と教育内容

本学の教育条件・教育内容に関する諸情報については、こちらをご覧ください。

アドミッションポリシー

本学は、キリスト教精神に基づいて真なるもの・善なるもの・美なるものを追究すること、リベラル・アーツ・カレッジとして教育・研究を通して真の自由人を育成すること、社会生活を遂行する手段の提供にとどまらず、生きることの意義を追及することを教育理念として掲げています。
本学では、この教育理念に共鳴し、学修を通して広く深い見識を養い、課題に積極的・意欲的に取り組もうとする女性を求めています。

本学の学部・大学院のアドミッションポリシーについては、こちらをご覧ください。

このページのトップへ

授業科目

授業概要(シラバス)

履修規程

本学の履修規程等については、こちらをご覧ください。

カリキュラムの特徴については、こちらもご覧ください。

このページのトップへ

学修・卒業・修了認定

学則

カリキュラム・ポリシー

本学では、上記の教育理念のほか、現代の日本社会において本学の進むべき指針を示した次のような「6つの視座」を教育方針として明らかにしています。

  • 1.聖母マリアに倣う大学
  • 2.知の全人的統合をめざすリベラル・アーツ大学
  • 3.自立した人格を育成する大学
  • 4.地域とともに歩む大学
  • 5.学生の潜在能力を引き出す大学
  • 6.自由で開かれた大学

この教育方針にそって、本学のカリキュラムは、「キリスト教科目」「自立力育成科目」「教養科目」「外国語科目」「健康科目」「情報科目」からなる全学共通科目、卒業論文研究を含む「学科科目」等で構成されています。具体的には、次のような方針でカリキュラムを組み立てています。

  • 1.本学の教育理念を具体化する「キリスト教科目」「自立力育成科目」では、現代社会の抱える根底的問題群、たとえば生命への畏敬の喪失、利己主義と他者への不寛容、関係性の喪失と個の孤立といった諸問題に向かい合うために、生命尊重、寛容、共感を重視する聖母マリアの精神を涵養する。それとともに、「時のしるし」を読みとることのできる自立した人格を育成する。
  • 2.知の全人的統合をめざすリベラル・アーツ教育を具体化する「教養科目」「外国語科目」「健康科目」「情報科目」では、学生の知的・実践的能力の十分な展開を促すとともに、総合的な判断のできるバランスのとれた人間性を養う。
  • 3.各学科の「学科科目」では、所属する学科の専門領域を体系的に学習できるよう配置する。
  • 4.学生一人ひとりの個性や習熟度に即応した少人数教育を重視し、すべての学科において双方向・対話型の演習授業を必修とする。
  • 5.学修の集大成として、また知の統合を図るリベラル・アーツ教育の理念に基づき、すべての学科において卒業論文研究を必修とする。
文学部
本学部では、上記の方針に加え、人間の文化的営為をめぐる知識を身につけるとともに、その考察方法をも学修すること、学修を通じて人間を広くかつ深く洞察することのできる知性と感性を身につけること、これらの点に配慮してカリキュラムを組み立てています。
人間生活学部
本学部では、上記の方針に加え、高度の専門的知識とともに広い視野と柔軟性に富む思考を身につけること、また、知識の背後にある人格価値を知り、他者の人格価値に共感できる感受性を身につけること、これらの点に配慮してカリキュラムを組み立てています。
大学院
大学院のカリキュラムポリシーは、各研究科の専攻・コース毎に個別に定められています。

ディプロマ・ポリシー

各学部・学科の教育目標に基づく知識・技能を修得し、所定の単位を修めることによって、次の要件を備えていると認められる学生に卒業を認定します。

  • 1.他者への共感や奉仕の精神など、キリスト教的情操を身につけている。
  • 2.多角的に物事を捉えることのできる視野の広さとともに、総合的な判断力を身につけている。
  • 3.国際的視野に立って社会情勢に関する情報を的確に分析・統合することのできる力を身につけている。
  • 4.知性・感情・意思、そして霊性において高い自立性を保ち、現代社会においてイニシアチブをとる力を身につけている。
大学院
大学院のディプロマポリシーは、各研究科の専攻・コース毎に個別に定められています。

カリキュラムの特徴については、こちらもご覧ください。

このページのトップへ

教育研究環境

本学は、JR岡山駅から北へ徒歩10分の場所に立地しており、校舎のほとんどがこのキャンパス(伊福町キャンパス)内にあります。同キャンパス内には、キリスト教文化、児童臨床の2つの研究施設と、アカデミック活動の拠点として英語教育センター、語学教育センター、情報機器教育等支援センター、学芸員課程の実習施設である博物館学ホールなどを備えています。建学の精神に基づき、キリスト教的価値観を広く社会に発信するとともに、生涯学習の場を提供し、地域社会の教育、文化、産業に寄与することを目的とした生涯学習センターや、地域連携センター、産学連携センターを設置しています。
また、蔵書数35万冊、年間延べ入館者数10万人を誇る附属図書館、教育実習に欠かすことのできない附属幼稚園・附属小学校も、このキャンパス内にあり、教育・研究活動や課外活動、主要行事の場となっています。
その他、岡山市内の一宮キャンパスに体育館と宿泊可能な校舎を、県北部の蒜山高原に蒜山セミナーハウス、県中央部の吉備高原に吉備高原セミナーハウスを設置し、体育授業やゼミナール、研修、課外活動等に活用しています。

本学の教育研究機関の詳細はこちらをご覧ください。

このページのトップへ

入学金・授業料

本学へ入学する場合は、入学日以前の指定された期日までに入学金を納入する必要があります。また、入学後は年間の学費(授業料、施設設備費ほか)を4月と10月に分けて納入します。但し、特別な事情のある場合は、授業料に限って分納・延納も可能です。
なお、大学院については、長期履修制度を利用することも可能です。

本学の学費や奨学金制度の詳細はこちらをご覧ください。

このページのトップへ

学生支援

実りある学生生活を過ごしていただくために、健康・悩みごと相談,学内外施設の利用方法,アルバイト・下宿紹介など、学修・生活・健康など多方面に渡りサポートを行っています。

本学の学生生活・学生支援の詳細はこちらをご覧ください。

このページのトップへ

財務状況

ノートルダム清心女子大学が所属している学校法人ノートルダム清心学園の財務状況については、こちらをご覧ください。

このページのトップへ

認証評価結果

校章

本学は、財団法人大学基準協会による2016(平成28)年度の大学評価(認証評価)を受け、同協会の定める大学基準に適合しているとの認定を受けました。認定期間は2017(平成29)年4月1日から2024(平成36)年3月31日までとなっています。
カトリックの教育修道女会であるナミュ-ル・ノ-トルダム修道女会を母体とする本学は、キリスト教精神にもとづき「真なるもの・善なるもの・美なるもの」を追い求め、全人教育の理念のもとにリベラル・ア-ツ・カレッジとしての歩みを重ねてきました。
本学のその教育研究活動が大学基準に適合していると認定されたことは、本学にとって何よりの慶びです。今後は、大学評価(認証評価)結果のなかでいただいた提言及び改善勧告等を真摯に受け止め、内部質保証システムを有効に機能させながら、よりよいカトリック系の女子大学を目指して、点検・評価・改善を行い、本学の特色を生かしながら、さらに努力を続けてゆく所存であります。

※PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。