ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. 教育研究体制

教育研究体制

キリスト教的人間観を基礎に据えた教育体制

本学の教育の特色は、本学の教育理念の根幹であるキリスト教的人間理解を学修の全体的基礎として据え、その上に、広い視野と豊かな教養を身に付ける全学共通科目と、基礎科目と専攻科目からなる学科科目を学ぶ体系となっていることです。全学共通科目も学科科目も段階を踏んで積み上げる形をとっており、さらに、両者が相互に乗り入れていることに特色があります。近代科学の基礎が、キリスト教的人間観の深い影響のもとに発展してきた歴史を考えると、キリスト教を学ぶことは、さまざまな学問を深く理解することにもつながります。このような全学的に体系化されたカリキュラムを組むことで、羅列的な知識の習得ではなく、統一的視点から理解することができるのです。さらに、リベラル・アーツを標榜する本学は学生一人ひとりの個性や習熟度に即応できる少人数教育体制を重視しています。

自立性の高い、真の自由人を育成するリベラル・エデュケーションを体現

本学では現代の日本社会において本学の進むべき指針を示した次のような「6つの視座」で教育方針を明らかにしています。

  • 1. 聖母マリアに倣う大学
  • 4. 地域とともに歩む大学
  • 2. 知の全人的統合をめざすリベラル・アーツ大学
  • 5. 学生の潜在能力を引き出す大学
  • 3. 自立した人格を育成する大学
  • 6. 自由で開かれた大学