ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. GP>
  4. 産業界ニーズGP

産業界ニーズGP

産業界ニーズGP「保育職・教職のための産学官連携によるCCMP力の育成」

2012年度、文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に採択され、中国・四国18大学と連携して「産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業」に取り組んでいます。

保育職・教職のための産学官連携によるCCPM力の育成

1. 産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化

2012年度、文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に採択され、中国・四国18大学と連携して「産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業」に取組むことになった。本学は、テーマ3「フィールド系教育の改善・充実」の第2サブグループ「産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化」に所属している。
テーマ3の第2サブグループは、グループの取りまとめ校である香川大学を中心に、徳島大学、ノートルダム清心女子大学、倉敷芸術科学大学、広島修道大学、福山大学が連携して取組んでいる。第2サブグループで共通理解している目的、取組内容、目標・評価は以下の通りである。

(1)第2サブグループの目的

本サブグループのテーマは、「産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化」である。
大学のインターンシップが、地域の産業界等の人材育成ニーズに、いかに結びついているのか検討し、中国・四国地域の人材育成に資するプログラムとして強化していく。さらに、インターンシップの経験が、大学での学習を含む様々な場面に効果的につながるよう、事前・事後指導、関連授業科目の改善等にも努める。

(2)第2サブグループの取組内容

  • インターンシップが、地域の産業界等のニーズに沿ったものかどうかの評価を行う。そのために、産業界等のニーズの把握、それに従った学生の能力の伸長等を測る評価指標を作成する。
  • シンポジウム等を開催し、インターンシップの成果に対して相互レビューを行う。
  • 関連科目、インターンシップ事前・事後指導等の改善充実を図る。
  • インターンシップモデル事例集を作成する。
  • 地元出身の連携校の学生を、地元大学のインターンシップに受け入れるなど、大学間のインターンシップ相互乗り入について検討・実施する。

(3)第2サブグループの目標・評価

  • インターンシップに参加した学生の数が最終年度において事業実施前に比べて10%以上増加していること。
  • インターンシップに参加した学生の成長について自己評価を行い、その結果が3.0以上であること。(4段階評価)
  • インターンシップ受入企業等が最終年度において事業実施前に比べて10%以上増加していること。
  • インターンシップ受入企業等から、学生に対する高い評価が得られていること。

このページのトップへ

2. 求められるCCPM力

本学は、これまで保育職・教職を目指す学生を対象に就業力育成支援に取組み、それぞれの教育現場が求めている総合的人間力、子ども理解力、協働力、保護者支援力等の基礎的な実践的能力の向上に成果をあげてきている。しかし、それぞれの力が教育現場で生きて働く力とまでは育成できていない。
2010年度に実施したアンケート調査でも、教育現場に生きて働く力として、「子どもが快く感じるような接し方ができる力」等のコミュニケーション力(Communication)、「子どもの集団づくりを支援する力」等のコーディネート力(Coordinate)、「子どもに応じてわかりやすく説明できる力」等のプレゼンテーション力(Presentation)、「主体的に課題解決に取組む力」等のマネジメント力(Management)などの力は、教育現場の教員等や保護者からも求められていた。
これらのニーズに応えていくために、第2サブグループ「産業界のニーズに沿ったインターンシップの強化」に所属して、これらCCPM力向上を目指して、学生が主体的に取組み、卒業後教育現場で総合的人間力、子ども理解力、協働力、保護者支援力等の基礎的な実践的能力とともに生きて働く力として発揮できるよう取組んでいきたいと考えている。
本学は、保育職・教職に特化して取組んでいるので、家庭・地域社会、行政、学校園、産業界等のニーズをもとに産学官連携によるCCPM力の育成を目指している。

このページのトップへ

3. 産学官連携によるCCPM力の育成

本学の保育職・教職にかかわる学科は、人間生活学部の児童学科、人間生活学科、食品栄養学科と,文学部の英語英文学科、現代社会学科、日本語日本文学科の2学部6学科で本学すべての学科がかかわっており、各学科の学生の実態と特色を生かした取組を行ない、CCPM力の向上を目指す。

(1)学生の主体的な取組の推進

学生が主体的に取組んでいくことができるよう、自己達成目標の設定、計画(P)、実践・ポートフォリオ記録・報告会等(D)、合同カンファレンス、自己評価の実施等(C)、新たな自己達成目標の設定等(A)と、保育職・教職を目指す学生のPDCAサイクルの取組を確実なものにしていきたいと考えている。支援期間後は、学生のPDCAサイクルの定着をもとにCCPM力向上に継続して取組んでいきたいと考えている。また、そのために、3年間で主体的な取組ができるよう学生を支援するサポート体制を整えていきたいと考えている。

(2)CCPM力向上のための推進事業

そこで、本プログラムが円滑に実施できるよう、次の取組を実施する。

  • 1.テーマ3第2サブグループ所属の大学を中心に情報交換等を密にして、インターンシップ実施における課題を共有し、関連授業科目の改善や事前・事後指導等の充実等に取組む。
  • 2.代表委員会、教職担当者会議、保幼小学修支援センターが連携して取組み、コーディネーターや事務補佐員を雇用し、GP支援員等の協力を得て、学生主体の取組が推進できるサポート体制を整える。
  • 3.各学科の学生の実態と特色をもとに,次の取組を行なう。
  • イマージョン教育を行なっている公立学校において、英語の読み聞かせ等の実践活動を行ない、CCPM力や実践的な英語力の向上を目指して推進する。
  • NIE(Newspaper In Education)による学生の主体的な記事文集づくりや、音声言語番組づくりを通して、実社会を意識した情報活用力を育成する。また、家庭や地域社会への配布やホームページによる発信等を通して家庭・地域社会やマスコミ業界等との連携を図る。
  • 地域の商店街等の地域調査活動を行ない、商店会等と連携した活動に取組む。また、中学校・高等学校の社会科・地歴科等の授業でのボランティア活動を行なう。
  • 中学校・高等学校や地域社会において、主体的に学校支援ボランティア等の活動を実施する。
  • 基礎実習やインターンシップでの学生の主体的な取組を推進する。親子わらべうたや学生によるクリスマスコンサート等を通して,地域の幼稚園や保育園、公民館等との緊密な連携を図る。また、卒業生勉強会・相談会を定期的に開催し卒業後も支援するとともに、学生と卒業生の交流を深め、教育現場との連携を深める。
  • 児童・保護者対象の食に関する指導を実践し、栄養教諭を目指す学生の実践的なインターンシップを推進する。

(3)CCPM力の向上を探る評価

インターンシップ等に参加した学生のCCPM力向上について自己評価等を実施し、本学としての成果と課題を明確にする。また、学校園等の産業界等のニーズに沿っているかどうか評価を受ける。
学生の自己評価については、本年度は下記のような15評価項目で試行して検討することにしている。

CCPM力事前チェックカード

次の1から15について、あてはまる記号(ABCD)を記入してください。

  • A:できる
  • B:少しできる
  • C:あまりできない
  • D:できない
  1. 相手の言うことに耳を傾けて理解しようとすることができるか(  )
  2. 自分の考えをわかりやすく伝えることができるか(  )
  3. 相手が快く感じるような、あいさつ、ことば遣い、服装や接し方等ができるか(  )
  4. 協力し合ったり、助け合ったりして課題に取組むことができるか(  )
  5. 自分の役割を理解して取組むことができるか(  )
  6. 相手のニーズを理解して取組むことができるか(  )
  7. 活動が円滑にすすむように、全体の調整を図って取組むことができるか(  )
  8. テーマやニーズ等を把握してわかりやすい表現ができるか(  )
  9. 適切なことばを用いて表現できるか(  )
  10. 図表や具体物、機器等を用いてわかりやすく表現ができるか(  )
  11. 筋道立てて説明することができるか(  )
  12. 健康や安全に留意して実践に取組むことができるか(  )
  13. 積極的に自分の責任を果たそうとする姿勢を持っているか(  )
  14. 主体的に課題解決に取組むことができるか(  )
  15. 計画的に実践し評価して、成果と課題を明らかにすることができるか(  )

支援期間終了までに学生が主体的に取組み、各自CCPM力を向上させて、卒業後教育現場で生きて働く力として発揮できるよう大学のサポート体制を整え、支援期間後は3年間の成果と課題をもとに、保育職・教職を含めて他の業種等の就職を目指している学生についても家庭・地域社会、学校園、行政、産業界のニーズに応えられるよう取組んでいきたいと考えている。

産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事
−産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業−