ノートルダム清心女子大学

  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • キャンパスカレンダー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
文字サイズ
小
中
大
資料請求

manaba folio

大学概要

  1. HOME>
  2. 大学概要>
  3. カリキュラム

カリキュラム

すべての学科において、学生一人ひとりの個性や習熟度に即応できるように少人数制の授業を導入。「顔の見える教育課程」を編成し、教員との信頼関係を育み、学生がお互いに意見交換できる環境を整えています。

真の自由人の育成

学びの特徴

少人数制(ゼミ)

すべての学年、学科において少人数制の授業を組み込んでいます。学生が主体になって進めていく授業を1年次より重ねることで、一人ひとりが学問を探求し、より専門知識を深めることができます。学生が互いに意見交換し合うことで、コミュニケーション能力も育成されます。

初年次教育

各学科では、基礎演習や基礎研究等の授業を通じて、教育目標・教育方針に則ったさまざまな教育を1年生に対して行っています。これらの授業から学生は、大学で学ぶために必要な問題発見・課題解決型の学修姿勢を体得し、それぞれの興昧・関心に沿った研究を深めていきます。

アドバイザー制度

各学科で、学生一人ひとりに専任教員をアドバイザーとして割当て、安心して学生が個別に相談できる体制を用意。学生が抱えるさまざまな問題に対し、専任教員を中心に関連する教職員が一丸となり、迅速な解決に努めます。

オムニバス授業

1つのテーマに沿って、複数の講師陣がオムニバス形式で授業をしていく新しい授業形態を導入しています。様々な視点から論じられる授業を通して、学生は幅広い学問知識とともに、一人の人間としての自分の意見を見いだし、学んでいきます。

卒業論文

4年生の学修の中核として全学科の全ての学生に卒業論文が課せられます。4年間の学生生活の集大成として学生一人ひとりが全力で卒業論文に取り組めるように少人数の卒論ゼミによる、個人の関心や能力に応じたきめ細やかな徹底した指導が行われています。

単位互換制度

この単位互換制度は、「大学コンソーシアム岡山」参加大学間において互いに学生の受け入れを行い、それぞれの受入大学において修得した単位を、所属大学の正規の単位として組み入れる制度です。この制度を利用して他大学で履修する学生を「単位互換履修生」と呼びます。第1期については4月に、第2期については7月又は9月に出願受付を行う予定です。 開講科目等詳細は、大学コンソーシアム岡山ホームページ(http://consortium-okayama.jp/ )を参照して下さい。